サラ金の債務が時効でなくなる時に行うこと

サラ金への返済を長期間行わなかった場合、
借金の返済義務が時効で消えることがあります。
間違いやすいのですが、消えるのはあくまでも返済義務だけであり、
借金そのものは消えません。

なので、たとえば、時効になった後にサラ金業者が債務額を
通知しても問題はありません。
そして、債務者が応じて、お金を返済してもいいのです。
ただ、返済義務がなくなったのに返済をする人というのは
まずいないということはサラ金会社もわかっているので、
行動を起こすことはまずありません。

金融業者は損金処理というのを行う

では、サラ金会社はどうするのかというと、
基本的には損金処理というものを行います。
つまり、回収出来なかったお金として処理するのです。
債務者の方は何かすることはあるのかというと、
必ずやっておかないといけないのは時効の援用の通知です。
サラ金に通知しないと適用されないからです。
返済義務がなくなった後は特にやることはありません。
裁判所に呼び出されてなにかをするとか、役所へ行って
何かを書くということもありません。

ただ、自分でわかりやすいように、どの金融業者の債務の返済義務が
なくなったのかということは記録しておいた方がいいでしょう。
そうしておかないと、たとえば、金融業者が債権を別の金融業者に売って、
その業者から返済を求められた時に、返済義務があるのかないのかわからず、
うっかり支払ってしまうという可能性があるからです。
時効になっている場合は払ったからと言って返済義務が復活することはないですが、
お金がもったいないので注意しましょう。