キャッシングで借りすぎは駄目

普通に現金が必要な時や生活費があと少し足りない。
ということはないことはないでしょう。
きちんと厳選されたキャッシング業者からそういった時に計算をして借りるのは問題ないと思います。
キャッシングで借金を作ってしまう人の傾向は
それを自分自身の給料でためた貯金だと勘違いしているところです。

また、世に借金をしている人は意外と多くいるという事実を
変なとらえ方をすることもあるでしょう。
変なとらえ方とは、私自身世に多くの借金を抱えている人が
いると知った時、自分はまだ額が少ないから大丈夫だと
正当化してしまっていたのです。
こうなると駄目です。

もっと最悪のパターン

キャッシングをしすぎていると金銭感覚がマヒするのでしょうか。
私はそこまではいかずに脱出しましたが、学生時代の友人はそうとう
ひどいお金遣いをしていました。
キャッシング、友人からの借金、親からの仕送り、すべて好き勝手に使っている男でした。
私自身お金に余裕がなかったものですから
その男にはお金を貸しませんでしたが、
共通の友人は貸した金が返ってこないとなげいていました。

その男はもう借りすぎて麻痺をしていたのでしょう。
もう消費者金融から金が借りれないからどこかほかに借りれる
所はないかと探していました。

風の噂で聞いたのですが自己破産をしその後は元気に実家の家業を継いでいるそうです。
友人であることに変わりはありませんので私はそれを聞いて安心しました。

彼の場合は、実家を継ぐことができたので良かったですが、
就職氷河期の今借金を作り、それを働いて返したり自己破産後
就職先や働き場所が簡単に見つかるわけではないと思います。

当たり前ではありますが
借りすぎは人生を台無しにします
ので注意しましょう。

追記:リンク先を変更いたしました。(サイトのアドレスが変わった為)