太陽光発電の導入資金の一部にキャッシングを利用

太陽光発電と言うのは、みなさんご存知のとおり
太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換して、
家の中で使う電気として利用をしたり、余剰電力を電力会社に売る事が出来る
再生可能エネルギーによる発電システムです

新築の一軒家を住宅ローンで購入し、家族4人で暮らしていますが、
先般の東日本大震災の時以来、電力供給のあり方など考えさせられるものがあり、
この先も、何か起こった場合には不安だったので、
最悪電力供給が滞っても、最低限の電力を賄えるシステムを導入したいと考えていました。

初期費用は200万円

導入するには、当然お金が必要になります。発電量にもよりますが、
いろいろ調べた結果、導入したい発電量のシステムにかかる初期費用は
おおよそ200万円前後でした。

住宅ローンを組む際に、それまでの貯金はかなり使ってしまったので、
残っている貯金とボーナスをあわせて、用意できそうなのは100万円程度。
自治体からの補助金は、おおよそ20万円程度は期待できるのですが、
そのお金が入ってくるのは、導入後になるので初期費用のあてにはできません。

そして意を決して、銀行のキャッシングサービスに申し込んだところ、
問題なく100万円の融資を受けることが出来、
無事に太陽光発電システムを導入することができました。

キャッシングのメリットを再確認

キャッシングにおける利用目的と言うものには定めが有りませんので、
キャッシングを利用して色々な事に利用できます。
また、キャッシングと言うのは審査が在りますが、
住宅ローンなどと比較すると審査が緩い事もあり、
申込みを短期間で行えるなどのメリットがあります。

銀行や消費者金融などのキャッシング商品は、
利用使途が定められていない、キャッシング商品も多くあります。
そのため、太陽光発電設備を導入すると同時に、
そのキャッシングを利用して他の修繕などで利用をしたり、買物をする事もできるのです。

今回キャッシングを利用して良かった事は、短期間で太陽光発電設備を導入できた事や、
太陽光発電設備を導入したことで、今まで以上に節電の意識が高まり、
キャッシングを利用して、従来以上の省エネ効果を持つ照明器具や
家電品を購入する事が出来た事です。